シモバシラ・霜柱  氷の芸術

スポンサーリンク

今日28日の朝、シモバシラの霜柱を見に行ってきました。

実は19日にも行ったのですがその時は出来ていませんでした。

 

シモバシラという植物は秋の初めに花を咲かせます。

それが枯れて、今頃は枯れた茎だけになります。

その根にどういうわけか霜柱が立つのです。

不思議です。

付近どこにも霜柱は立っていないのに、そこにだけ立つていました。

f:id:tonji44:20181228205935j:plain

そこは標高千m位の山の上の道路わき。

北側斜面ですから、今朝は北風がビュンビュン舞い上がってきて寒いこと寒いこと。

 

枯れたシモバシラの茎。

f:id:tonji44:20181228210213j:plain

 

その根にこのように霜柱が立ちます。

f:id:tonji44:20181228210301j:plain

霜柱にはいろいろの形があります。

f:id:tonji44:20181228210334j:plain

 

氷の芸術作品。

f:id:tonji44:20181228211419j:plain

 

f:id:tonji44:20181228210436j:plain

f:id:tonji44:20181228210525j:plain

霜柱の立つ特別な植物だから、シモバシラというそのままの名前がついたのですね。

今日の霜柱は、それほど大きく立ち上がっていませんでした。今夜は冷えるようですから、明日の朝はすごいかも。だけど寒かったからもう行かない。