スナヤマチャワンタケ  こんなところに不思議

スポンサーリンク

もう冬。

これは昨日、11月30日のことです。

砂浜には誰もいません。

だけど陽気はぽかぽか。北風も吹きませんから気持ちがいいです。

 

この砂浜に不思議なキノコがあるのに気づいたのは3年前の11月の終わりでした。

砂に小さな穴が開いたようになっているのです。囲いもあります。これはいったい何?

もちろんっ最初はキノコということが分かりませんでした。

 

下の写真は今回のものです。

f:id:tonji44:20181201185401j:plain

下の写真の真ん中より少し右下。

f:id:tonji44:20181201185616j:plain

 

このように、生えているところは砂山が崩れて崖のようになったところです。

 

f:id:tonji44:20181201190505j:plain

その3年前調べたら、スナヤマチャワンダケということが分かりました。

家にある山渓フィールドブックの「きのこ」にも載っていなかったのですよ。

分かるのにだいぶ時間がかかりました。

f:id:tonji44:20181201190747j:plain

中は空っぽ。砂粒がほんの少し。

f:id:tonji44:20181201190856j:plain

もう一個見つけました。

f:id:tonji44:20181201190947j:plain

さらにもう一個。この3個目は淵が壊れています。

f:id:tonji44:20181201191103j:plain

 

下は3年前の初めて出会ったときの写真です。砂を掘ってみました。

砂山にある茶碗ですね。チューリップ型。

f:id:tonji44:20181201191609j:plain

だけど不思議ですね。進化の過程でどのようなことがあって、冬の砂山に茶碗型のキノコが生えることになったのでしょう。