シモバシラは植物  氷の彫刻を作ります

スポンサーリンク

割と高い山に登ってきました。

頂上近くの道路脇にシモバシラの花が咲き始めていました。

そうシモバシラという名前の植物。

とてもきれいです。

f:id:tonji44:20180924115556j:plain

 

f:id:tonji44:20180924115824j:plain

斜面一面にシモバシラがいっぱい。

f:id:tonji44:20180924115620j:plain

高さは4、50センチ位。

f:id:tonji44:20180924115805j:plain

下の写真はシモバシラの根です。

f:id:tonji44:20180924120016j:plain

実はこの根にシモバシラの名前の由来があります。

真冬氷点下になると、この根に霜柱ができるのです。

だからシモバシラという名前なのです。

 

下の写真は去年の12月にこの場所で撮ったものです。

f:id:tonji44:20180924120239j:plain

冬は葉は枯れてありませんが、茎は枯れたまま残っています。その根を取り囲むように霜柱が立ちます。

霜柱の大きさです。

f:id:tonji44:20180924120424j:plain

それがいっぱい。見事です。

f:id:tonji44:20180924120543j:plain

植物が作り出した氷の芸術作品です。

f:id:tonji44:20180924120644j:plain

この植物は茎が枯れても根が活動を続けていて、枯れた道管から水が吸い上げられ、道管内の水が凍って茎から霜柱ができるということのようです。

とっても面白い植物。