岩峰の野草たち

スポンサーリンク

白岩岩峰に限ると、植物を見て歩き回れるところはそれほど広くないので2,3時間もあれば見て回れます。

私たちは本を持って見比べながら見て回りました。楽しい時間でした。

その本は「西郷さんも歩いた霧立越え花の旅」という秋本 治(あきもとおさむ)さんのこの本です。写真図鑑のような本です。行くたびに持っていきますので、ずいぶん擦り切れています。

 

f:id:tonji44:20180902095253j:plain

 

さて植物です。

まずレイジンソウ。

伶人とは舞楽奏者のことで、その人の被る冠に似ているからとか。

そういえばなんだか写真で見たことがあるような気がします。頭巾のような被り物で 後ろにしっぽのように垂れた帽子。

これは一株しか咲いていませんでしたが今からだと思います。

f:id:tonji44:20180902095841j:plain

 

次はハバヤマボクチ。一緒に行った孫が「あったよ」と教えてくれました。

変わっていますね。だけどまだ花が咲いていません。花は後2,3週間後かな。

葉場山火口と書くのだそうです。葉場山は草刈り場のこと、火口(ほくち)は火種にする綿毛のことだそうです。

f:id:tonji44:20180902085837j:plain

f:id:tonji44:20180902085854j:plain

 

 

次はツクシノダケ。

いい色してますねえ。暗紫色というのでしょうか。人の背の高さぐらい伸びたものもあります。そしてたくさんありました。

f:id:tonji44:20180902091625j:plain

f:id:tonji44:20180902091646j:plain

花の蜜がおいしいのかアサギマダラが離れません。

f:id:tonji44:20180902093220j:plain

 

次はシオガマギク。船のスクリューみたいだなと思いました。

f:id:tonji44:20180902091838j:plain

次はコフウロ。小さくて少ししか咲いていません。

f:id:tonji44:20180902091950j:plain

次はツクシトウヒレン。地味な花です。

f:id:tonji44:20180902092046j:plain

きょうの最後はヤマシャクヤクの実。花は5月ごろです。

f:id:tonji44:20180902093150j:plain