シコクママコナとソバナとシギンカラマツ 白岩岩峰の植物

スポンサーリンク

もうずいぶん昔ですが初めて白岩山に登ったのは8月のお盆の直後でした。

その時の感動が忘れられません。

鹿よけネットをくぐって中に入った途端、一面のシコクママコナ。

圧倒されました。

今回はそれより季節が進んでいます。

シコクママコナは数が少ないですが、それでもとてもきれいです。

 

f:id:tonji44:20180901132437j:plain

さてシコクママコナのママコとは何でしょう。次の写真を見てください。

f:id:tonji44:20180901132228j:plain

花の中に白い米粒が2個。これがおまんま。う~ん?

 

次はソバナです。

そんなに多くはありませんでしたが、岩の間に所々咲いて風に揺れていました。

f:id:tonji44:20180901140930j:plain

とてもきれいな花です。

淡い色。ソバナという名前が似合わないような気がします。もう少しエレガントな名前なら。

ソバナのそばは「岨」という字で、切り立った険しい崖などを意味しているそうです。白岩もまさしくそんな場所です。

f:id:tonji44:20180901141333j:plain

 

次の花はシギンカラマツ。

茎が長くてその上に玉のような蕾と小さな花。これも風に揺れてなかなかカメラの焦点が合いません。

f:id:tonji44:20180901145228j:plain

f:id:tonji44:20180901143112j:plain

 

この紫の球は蕾のようです。シギンのシは紫のシなのですね。なるほど。