ショウジョウトンボのオスは「猩々緋」

スポンサーリンク

f:id:tonji44:20180803122440j:plain

f:id:tonji44:20180803122501j:plain

体も顔も真っ赤なショウジョウトンボのオス。

とっても鮮やかです。すごい赤です。

トンボの種類としてはそんなに珍しいというわけではなく、時々出会います。

 

ショウジョウとは、「猩々」のことのようです。

では猩々とは何でしょう。

古代中国の伝説上の生き物だそうです。

猿のような顔、白い耳、そして赤い獣毛に覆われているとか。

その赤を「猩々緋」と呼ぶようです。

「日本の伝統色」というカードみたいなものを持っていますが、その中にも「しょうじょうひ」として載っていました。

f:id:tonji44:20180803124416j:plain

赤に少し黄色が入っているのでしょうか。

最近、ショウジョウトンボのいそうな池には、ベニトンボのオスがいることがあって、そっくりだから間違いそうになります。ベニトンボの方には赤の中に紫色が入っているようです。