コアジサシ~夏はやっぱりコアジサシ

スポンサーリンク

きょうの宮崎は梅雨の晴れ間。

なんだか光がまぶしいです。

夏になったらコアジサシ。私の中では決まっています。

コアジサシは宮崎県の海岸の砂浜に今頃やってきて、そこで卵を産み子育てをします。

以前、友達をコアジサシを見に連れていったら、「真っ白いツバメだ」と言いました。そのとおりです。

きょうは海岸の砂浜を見て回りました。なかなか見つかりませんでしたが、やっと見つけました。遠くから見たら100羽以上。

f:id:tonji44:20180602173007j:plain

それにしても気持ちのいい日です。砂浜は誰の足跡もないし、水平線が見えるし、穏やかな波が足元まで打ち寄せてくるし。

f:id:tonji44:20180602173901j:plain

f:id:tonji44:20180602173930j:plain

双眼鏡で見てみました。コアジサシではないアジサシ類の可能性があるのですが、見えてる限りコアジサシでした。

f:id:tonji44:20180602173200j:plain

魚をくわえたコアジサシがいます。メスにプレゼントしてプロポーズするのです。

そしてこの海岸の近くの、波の来ない砂の上で産卵するのです。巣は作りません。ちょこっと気持ちだけ砂を掘って、そこに産卵します。だけど私は巣のあるようなところには近づきません。コアジサシがギッ、ギッと言って怒りますから。怒った上に、糞を頭にかけてきます。

 

私は浜に座り込みます。

じっとしているとコアジサシたちは、一斉に海に向かって飛び立ちます。

f:id:tonji44:20180602174919j:plain

空にコアジサシ。

何んともさわやかです。

f:id:tonji44:20180602175207j:plain

飛び立ったコアジサシは、5分もすれば浜に戻ってきます。

沖で小魚を採って食べるのでしょう。

高い所から、海に向かってドボンと飛び込んで、魚を刺して採るのです。

アジを刺して採るからアジサシ・・・鯵刺し。アジサシの中でも小さいからコアジサシ。

コアジサシは海に出て行ったり戻ったり。

私はいつまでもそれを眺めていました。

最後の写真はなんでしょう。何も写っていない??

「砂浜の砂」です。

f:id:tonji44:20180602180254j:plain