ヤマアカガエル

スポンサーリンク

きょうも小雨。

だけど、そのうち上がるだろうと思って山に行きました。一人で山を歩くのが好きなのです。いろんな出会いがありますし、何より慣れたら気持ちがいい。

予想通り山に着く頃は雨が上がりました。

キビタキとアカショウビン、サンコウチョウ、アオゲラなどの小鳥がさえずっています。子育て真っ最中の季節ですから、姿はほとんど見れません。ヒナが生まれたら、餌を運ばなければなりませんから、餌を探し回る姿が見られるようになります。今はまだです。

小鳥の声に負けないように、大きな声でキャララッ、キャララッと鳴き続けているのはカエル。

森の中を歩くとよく出会います。足元からぴょこんと跳ねて出てきてじっとしていますから、観察しやすいです。といっても動かないままだったら、枯れ葉色だから見つけにくいのです。

f:id:tonji44:20180531211750j:plain

この森には、とてもこのカエルが多いのですが、アカショウビンなどもこのカエルを餌にします。だからこの森には小鳥も多いのでしょう。

ヤマアカガエルにそっくりなニホンアカガエルというのがいます。

図鑑ではニホンアカガエルのほうが色が薄くて、ヤマアカガエルが濃いのですが、ここの山のカエルは色が薄い。ところが他の特徴はヤマアカガエルなのです。だからたぶんヤマアカガエル。

f:id:tonji44:20180531212419j:plain

間違ってたらごめんなさい。